商品情報にスキップ
1 1

CANVAZ.ART

次に目がさめたとき、ぼくは桜になっている [作者:レイ]

通常価格 ¥1,000
通常価格 セール価格 ¥1,000
セール 売り切れ
税込み。

あなたの投票で最優秀賞と優秀賞の受賞者が決まります

寄付額

▼Twitterへの投稿はこちらから

作品名:次に目がさめたとき、ぼくは桜になっている

アーティスト名:レイ

ぼくは桜の木になろうと思う
このからだはもう長くもたないから
桜の中で眠りにつけばきっときっと桜に生まれ変われる気がした
ぎんぎら砂くん さようなら
かさかさ岩さん またいつか
時速10キロでのっそりのそり
えっちらおっちら 山越えて
辿り着いた終わりの日
やあ新しい同胞達 どうぞよろしく
「あいつは桜にさらわれた」
「あいつは正気を失った」
あるいはそれが真実かもしれない
それでもぼくの幸福はぼくのもの
桜の雨はただただ静かだ

…大きな桜の木を見ていたら、こんな物語が頭に浮かび、そのままのイメージで描きました。

----------------------
【制作用具】

  • アクリル絵の具
  • オイルパステル

----------------------

【制作風景】

----------------------

【プロフィール】
自閉症スペクトラム障害と二次障害があります。五感が過敏で刺激に弱く、対人恐怖症のため20年近く引きこもり生活です。非常に疲れやすいので、普段は一日の半分以上を眠って過ごしています。たまに絵を描くと過集中になって、時には10時間近く続けてしまい、ヘトヘトになって我にかえります(笑)頭の中はいつも連想ゲームで、一つの気になることから、様々な空想(映像、文章、音楽等)が浮かんで止まらないのが常です。